dカーシェア(ドコモ)は利用すべき?50人の評判と実体験を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dカーシェアロゴ

ドコモが運営するカーシェアリング『dカーシェア』に登録すべきなのか、信用できる評判を見てから決めたいですよね。

カーシェアNEXT編集部で『dカーシェア』を利用するメンバーが、体験談や信用できる評判をもとに「選んで実際にどうだったのか?」「選ぶべき人、選んじゃいけない人」ということを中心に紹介していきたいと思います。

結論から先に言うと、「dカーシェアは割高」「dカーシェアはドコモのカーシェアだから安心」などの口コミはうのみにしてしまうと危険なので、無視しましょう。

このページでは『dカーシェア』のリアルな評判や体験をわかりやすく紹介しますので、カーシェア選びの参考にしていただければと思います。

dカーシェアTOP

1.dカーシェアを選ぶべき人、選んじゃいけない人

dカーシェアは、2017年12月にサービスを開始し、事前登録会員数5,000人を突破、早期に50万人を目指しているドコモのサービスです。

現在、個人間カーシェアで圧倒的No.1のカーシェアリングサービス「エニカ(Anyca)」が2年間で登録会員数11万人ということを考えると、ドコモの会員数的に無理ではない数字と言えるでしょう。

dカーシェアは、他のカーシェアサービスと異なり、3つのサービスをドコモのアプリ一つで利用できるという点が大きな特徴です。

  1. カーシェアリング(日常的な利用)
  2. 個人間カーシェアリング(憧れの車種に乗る)
  3. レンタカー(旅行などで利用)

利用シーンに合わせて、あらゆる車を使い分けできます。

それでは、どんな人におすすめで、どんな人にはおすすめできないかを徹底解説していきます!

1-1.dカーシェアはこんな人におすすめ

  • (借りる人)カーシェアに興味があるから、とりあえず登録してみたい方
  • (貸す人)自分が乗らないときにシェアすることで小銭を稼ぎたい方、エニカに登録している方

上記に当てはまる方は迷わずdカーシェアを選ぶのが正解です。

【借りる側】

まず、dカーシェアの独自サービスである個人間カーシェアはプラットフォームの規模が小さいので、エニカ(Anyca)と現時点で比較した場合は、エニカ(Anyca)の利用をおすすめします。

ドコモからはまだ発信がないので、同じ個人間カーシェアを展開するエニカ(Anyca)からデータを引用しますが、利用した86.5%の理由が「乗りたい車種がある」というものです。

現時点で、dカーシェアの車種は豊富とは言えませんので、とりあえず登録だけしておいて、乗りたい車種が出てきたら利用してみる、というスタンスで良いと思います。

【貸す側】

エニカも利用している方が非常に多いです。

DeNAのニュースリリースでは、実にエニカ(Anyca)を利用した80.1%の理由が「収入が得られるから」というものです。

とはいえ、dカーシェアもエニカと同様に、車を貸すことで月々の固定費を回収していく程度スタンスで登録しましょう。

dカーシェアは、オーナーが登録した情報に基づいて、設定可能な上限額を当該車両ごとに設定しています。

そのため、dカーシェアで車を貸して不動産投資のように稼ぐということは難しいですが、「車検代」「保険代」は回収できるという人は非常に多いです。

1-2.dカーシェアをおすすめ出来ない人

  • (借りる側)他のカーシェアよりも安く利用したい方
  • (貸す側)愛車が故障すると生活が困る方

上記に当てはまる方は、dカーシェアを選ばないほうが良いでしょう。普通にカーシェアを利用したい方はカレコなどを検討してみてください。

実際にdカーシェアを利用してみると、上記にあげたようなトラブルは正直それほど多くありませんが、借りる側にとっては、dカーシェアは今のところ、保険代などを考慮すると決して料金が最安のカーシェアではありません。

一方で、dカーシェアの他に「憧れの超高級車に1日だけでも乗ることが出来る」カーシェアリングはエニカ(anyca)以外にないので、とりあえず登録だけしておいて、「特別なときに高級車を乗り回してみたい!」という使い方が一番合理的です。

なお、4,302人を対象にした2018年日本カーシェアリングサービス顧客満足度調査によると、個人間カーシェアに対する不安として、「トラブル発生時の対応や補償が不安」「貸し出し者との車の受け渡しが面倒/わずらわしい」「車両のメンテナンス状態が不安」という理由が多く挙がっていました。

2.dカーシェアのメリットと評判・口コミ

ドコモのdカーシェアを実際に利用した経験と、アンケートをもとにしたメリットは大きく以下の2つです。

  1. (貸す側)使わないときに車がシェアできるので、駐車場代などの固定費を回収できる
  2. (借りる側)レンタカー、オリックスカーシェア、マイカーシェアを気軽にはじめられる

実際の口コミを元に、見ていきましょう。

3-1.dカーシェアでは、使わないときに車がシェアできるので、駐車場代などの固定費を回収できる

車を所有することによってかかる1ヶ月あたりの費用は、ソニー損保の調査によると、「車検代」「点検費」「自動車税」「保険料」などをあわせて平均13,600円だそうです。車の購入費ローンを含めると、更に高くなります。

dカーシェアの調査はまだ無いですが、東京23区のオーナーはエニカ(Anyca)で1台あたり2万5,000円程度収入があるということなので、月々の固定費を抑えることが出来る可能性は非常に高いです。

40代男性(オーナー、世帯年収700万円)口コミ
dカーシェアが始まってすぐに愛車のBMWを登録しました。月々の維持費や駐車場代が高くついてしまっていたので、エニカに登録しつつ、dカーシェアも活用しています今のところ、利用したいという依頼はそれほど多くないですが、アプリの使いやすさは気に入っています。

 

20代男性(オーナー、年収400万円)口コミ
2017年末に、ニュースを見てdカーシェアに他のマイカーシェアサービスと平行して登録しました。都内は月々の駐車場代が非常に高いので、その分がカーシェアで相殺されればというくらいの気持ちで始めました。

また、どんな人に貸すか分からないからトラブルが怖いという方もいますが、どんな人が借りたいといっているか、事前に確認をしてお断りすることも可能です。

30代男性(オーナー、年収500万円)口コミ
dカーシェアでは、相互評価や過去のレビューを確認した上で貸すことが出来るので、貸したくない人には貸す必要がなくて安心です。カーシェアでトラブルに巻き込まれた経験は一度もないです。

dカーシェアは、レンタカー、オリックスカーシェア(カレコも近々?)、マイ(個人間)カーシェアを固定料金なしで利用できます。また、決済なども非常に便利なサービスであることから、利用者は激増していくと考えています。

とりあえず登録だけでもしておこう、くらいの軽い気持ちで登録してみてはいかがでしょうか?

3-2.(借りる側)レンタカー、オリックスカーシェア、マイカーシェアを気軽にはじめられる

今のところ、dカーシェアを借りる側のメリットで最も多いものは「気軽に始められる」というものです。

これは、各種調査や私たちのカーシェア調査においても同様の結果となりました。

カーシェアって便利なの?レンタカーの違いも良く分からない!という方にとって、固定料金もかからず、料金も他のカーシェアサービスと比較しても1時間あたり80~120円程度しか変わらないdカーシェアははじめの一歩として非常に魅力的なサービスといえるでしょう。

30代男性(経理、年収700万円)口コミ

カーシェアを複数検討していましたが、それぞれのメリット・デメリットが良く分からず、3ヶ月以上先延ばしにしていました。ニュースを見てdカーシェアに登録しましたが、短時間利用のときはオリックスカーシェア、遠出するときはレンタカーなど気分によって使い分けできて非常に便利です。

 

20代女性(事務、年収400万円)口コミ

ドコモのポイントがつくということで登録してみて、2回利用してみましたが、オーナーさんも素敵な人だったので、話しやすかったです。

なお、個人間カーシェアのテクニックのような話になりますが、安い車でも良いので借りた実績を作っておくと、高級車のオーナーさんは安心して貸しやすくなる傾向がありますので、とにかく実績を作っておきましょう!

4.dカーシェアのデメリットと評判・口コミ

dカーシェアを実際に利用した経験と、アンケートをもとにしたデメリットは大きく以下の3つです。

個人間なので「相手を信用できない」「トラブルになる可能性がある」ということが多くあげられているデメリットですが、今回はそれを具体的に分解してみました。

  1. (共通)便利だけど、メッセージのやり取りが面倒
  2. (貸す側)マニュアルは整備されているものの、トラブル防止のチェック項目が多い
  3. (借りる側)料金は安いことも多いが、保険加入でトントンか、高くなる

実際に口コミを元に、見ていきましょう。

4-1.dカーシェアは便利だけど、メッセージのやり取りが面倒

dカーシェアは非常に便利で画期的なサービスです。とはいえ、やり取りが面倒!という人って相当数いるんですよね。

40代男性(オーナー)口コミ

他のカーシェアリングサービスも使っていますが、dカーシェアも同じく、スマホでのやり取りが面倒です。仕事の合間にすぐに返事をしなければならないのは意外と大変でした。

また、メッセージを適当にしてしまうことで、相手に不信感を抱かせてしまうことも結構あります。

4-2.(貸す側)マニュアルは整備されているものの、チェック項目が多い

dカーシェアがトラブル防止のために、しっかりと対策を練っていることの裏返しになりますが、とはいえ「チェック項目が多いことが面倒・・・」という人は多いです。

40代男性(オーナー)口コミ

dカーシェアは間違いなく便利になってきていますが、身分証やキズなどの事前・事後確認は結構ストレスです。トラブルの心配をしなければいけないのもちょっと不安です。

dカーシェアチェック項目

カーシェア チェック項目

4-3.(借りる側)料金は安いことも多いが、保険加入でトントンか高くなる

場合によりますが、1日保険1,800円に加入すると他のカーシェア(たとえばカレコ)と比べると料金が高くなってしまいます。とはいえ、月額料金を払っていないので、乗りたい車を使いたいときだけ使うというニーズであれば、間違いなくお得といえるでしょう。

20代男性(ユーザー)口コミ

月々の支払いが嫌なので、単発で少し高くなったとしても2ヶ月に1回dカーシェアで乗りたい車に乗るという使い方をしています。こういうカーシェアの使い方の場合は料金的にもお得なんじゃないかな?と思っています。

5.トラブル防止!dカーシェアでのトラブル防止方法と質問集を徹底解説!

正直、dカーシェアでのトラブルはそれほど多くないと思います。少なくとも、今はかなり利用者の質がいいと思います。

※この点、初期のAirbnbも似ています。

また、あまりにも質の悪いトラブルがあった場合は、「違反を通知する」という機能でドコモにお知らせください。

5-1.dカーシェアでの貸す側のトラブル防止法(エニカと共通)

dカーシェアの「トラブル・事故に巻き込まれないために」は、非常に分かりにくいので、カーシェアNEXT編集部が分かりやすく説明します。

  • 少しでも不安がある場合は、遠慮せずに貸すのをやめましょう!
  • 事前にトラブル発生時の責任範囲や対応を確認しておきましょう!
  • ドライブレコーダを装着しておくと、事故の際の万が一の保険に!
  • 忘れものがあった場合の取り決めをしておきましょう!

一番重要なポイントは、貸す相手に少しでも不安があるときは絶対に貸さないでください。

トラブルに巻き込まれないための一番の方法は、トラブルを避けることです。

トラブルの不安をクリアしたら、「共同使用契約」の条件にについて、オーナー・ドライバーで相談・合意をしておくと安心して貸し出しができます。

dカーシェアなどの個人間カーシェアで多いトラブルの原因は「遅刻」「キズや故障」「事故」「忘れ物」です。

特に、万が一の事故や故障トラブルに備えて事故減価額の支払義務を明記しておくと「修復歴」がついたとしても、損せずに済みます。

5-2.貸す側のトラブル防止質問集

トラブルを100%防止することはできませんが、あらかじめ以下のような質問をしておくことで、しっかりとやり取りの履歴を残しておきましょう!

  • 「日常的な運転は、どの程度の頻度でしていますか?」
  • 「直近の運転は、いつですか?」
  • 「よく利用している車は何ですか?」
  • 「どんな利用目的でdカーシェアを利用していますか?」

トラブルに1回でも巻き込まれてしまうと、精神的なストレスだけでなく、時間・金銭面でも大きな負荷がかかってしまいます。

慣れてくると、メッセージのやりとりで9割程度は質の悪いユーザーを見極めることができるようになると思いますので、まずは使ってみましょう!

6.結局儲かるの?dカーシェアで得られる収入は?料金はどうなってるの?

【貸す側】

結論から言うと、今はまだdカーシェアで十分な収入を得ることは難しいです。おそらく、エニカのほうが効率よく、儲かると思います。

ドコモのカーシェアではないですが、個人間カーシェアのオーナーの平均受取額は月に3~6回の貸し出しで、2~3万円です。

どの世界にも上手に稼ぐ人はいるので、カーシェア編集部の調査では月に20万円以上稼ぐ人も中に数名いました。

【借りる側】

借りる場合は、カーシェア・マイカーシェア(個人間)・レンタカーの3つでそれぞれ料金が異なります。

いずれにしても、ドコモが間に入っていることで最安ということは無いです。

※レンタカーの料金は提携各社の金額と一緒なので、説明を省きます。

6-1.カーシェアの料金

dカーシェアの料金は車を所有することに比べたらはるかに安いと思います。

登録料も月額料金もかからない上に、オリックスカーシェアを15分あたり220円で借りることができるので非常にお得です。

dカーシェア 料金

とはいえ、他のカーシェアの料金と比較して安いか?といわれると「NO」といわざるをません。

日常的にカーシェアを利用したいのであれば、料金的にはカレコやオリックスカーシェア、タイムズカーシェアなどをおすすめします。

6-2.マイカーシェア(個人間)の料金

ドコモのマイカーシェア料金は非常にシンプルで、「共同使用料」と「保険料」を足し合わせた金額になります。

dカーシェア 料金

計算例は以下のとおりです。

共同使用料4,000円/24時間のクルマを、車両補償ありプラン(プレミアム)にてご利用の場合
共同使用料4,000円+保険料1,800円=ご利用料金4,800円/24時間

共同使用料金は、オーナーが24時間単位で設定していますが、上限料金があるので、基本的にはお得な料金設定となっています。

保険は基本的には1,800円で弁護士費用特約がついて、免責が10万円のプランをおすすめしています。

dカーシェア 保険

7.dカーシェアの口コミ・評判一覧

ドコモのカーシェアリング『dカーシェア』の口コミを全2件ご紹介します。

dカーシェアの口コミ・評判

  • (借りる側)支払いの登録が1回で済むのはすごい楽
  • (貸す側)カーシェアリングによって収入を得ることができる

20代女性(都内、借りる側)口コミ

他のカーシェアリングサービスを利用していますが、一つのアプリでカーシェアやレンタカーを利用できるのは非常に便利です。頻繁に利用しないので、料金が高いというイメージもないです。ドコモユーザーではないですが、登録は簡単でした。

 

40代男性(都内、貸す側)口コミ

車を3台所有していて、普段乗らない外車1台を他のカーシェアリングサービスと、dカーシェアで貸しています。1回あたり15,000円くらいの収入になっていて、月に5万円程度は得ています。

8.必見!dカーシェアに登録したら見ておきたい車種を紹介!

dカーシェアの車はこちらで検索できますが、これはすごい!という車種はエニカのマークが入っているので、どちらも登録している人が多い印象です。

分かりづらいですが、検索の際に「一生に一度乗りたい車」を選択すると、スーパーカーを絞り込めます。

一生に一度乗りたい車

個人的には、ポルシェのケイマンという車種が好きなので、おすすめさせていただきます!

もちろん、一生かかっても買うことは出来ないと思いますが・・・。

なんと、カーシェアでは相当高い料金の36,000円です!

ポルシェ ケイマン

エニカと比較すると、dカーシェアは若干高めの料金設定にしているオーナーが多い気がします。

ドコモも、エニカも登録は無料なので、どちらも登録しておくと安い料金で利用できる確率が高まります。

9.超簡単!dカーシェアへのマイカー登録の流れ

ドコモのカーシェア、dカーシェアにマイカーを登録する方法を簡単に説明します。

クルマ登録の流れを説明します。

車登録までの流れ

以上!登録は非常に簡単ですので、まずは無料で登録してみることをおすすめします。

10.dカーシェアまとめ

いかがだったでしょうか?

dカーシェアは個人と個人をカーシェアでつなぐ画期的なサービスですが、正直なところ、実際に利用している方はまだまだ少ないです。

料金も月額料金や登録料金などはかかりませんが、最安というわけではないですし、車を登録してみても「お気に入り登録されたけど、借りたいという反応がほとんどない」という声は多いです。

今後、ドコモのカーシェアが拡大するにつれて、サービスもどんどん拡充されていくと思いますので、

以下の人は今すぐdカーシェアに申し込みましょう。

  • とりあえず、カーシェアを始めてみたい!という方
  • 自分が乗らないときにシェアすることで小銭を稼ぎたい方、エニカに登録している方

以下の人は、dカーシェアを利用するのはやめましょう。

  • (借りる側)他のカーシェアよりも安い料金で、安心して利用したい方
  • (貸す側)愛車が故障すると生活が困る方

ドコモがカーシェアに参入することで、いよいよカーシェアリングも過渡期にさしかかっていると感じます。

私たち、カーシェアNEXT編集部は間違いなく時代を変えるサービスだと考えていますが、ライフスタイルに合ってる、合ってないというのは3週間くらい使ってみないと分かりません。

カーシェアリングライフがあなたの生活を彩ることを陰ながら祈っています。

車運転

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*