法人向けカーシェアで経費削減!料金やサービスを徹底比較【2018年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カーシェア 法人

法人向けカーシェアをお探しですか?

オンライン商談や電話での商談が昔よりも増えてきて、会社が営業車両を持つ必要性が減ってきています。

このページでは、各カーシェア会社の比較だけではなく、カーリースとの比較なども解説しています。

<法人向けカーシェアまとめ>

  • 会社の徒歩圏内にステーションが2つ以上ある場合はカーシェアをおすすめします。
  • 中古車両がフル稼働しています!という法人にはカーリースはおすすめしていません。
  • 法人向けカーシェアは月額料金がかからないので、登録して3ヶ月くらいで判断するというのが賢い方法です

1.法人向けカーシェアを徹底比較!一番のおすすめはここ

法人向けカーシェアは、都心であれば料金などは正直大差ないです。

最も重要なことは、会社の徒歩圏内にステーションが2つ以上あるか、客先の最寄駅にステーションがあるかです。

そのような観点で、広く最もおすすめ出来るカーシェアサービスは圧倒的な台数を誇るタイムズカープラスです。

なお、法人向け料金プランはカレコやオリックスカーシェアのほうが安いです。

法人カーシェア ランキング

2.各カーシェアの法人向けプランを徹底解説

2-1.タイムズカープラスの法人プラン

タイムズカープラス

タイムズカープラスはカーシェアで6割以上のシェアを持つサービスです。ステーション数が全国12,000箇所以上あるので、利便性を最も重視する法人にはタイムズカープラスが最もおすすめです。

2017年8月より法人プランが変更となり、社員が所有するコーポレートカード(法人契約のクレジットカード)での支払いが可能になったことで、煩雑な手続きなども不要となりました。もちろん、全てカード払いなので面倒なキャッシュ払いも不要です。

タイムズカープラスの特典により、全国約470カ所以上のレンタカーを優待料金(20~25%OFF)で利用可能になりますので、選択肢の幅が広がります。

タイムズカープラスは利用すべき?50人の評判と実体験を紹介

2-2.オリックスカーシェアの法人プラン

オリックスカーシェア 法人

オリックスカーシェアはカーシェア第2位の実績を誇り、タイムズカープラスと比較すると2,000台と見劣りしますが、その分サービス面で優れている点が多いです。

  • パック料金がお得(6時間3,500円)
  • 毎月3万円以上の利用の場合、最大13,500円の割引が適用される
  • リクエストに応じて新規ステーション設置を検討
  • 社員証がIDカードになる

上記のように、料金面だけでなく新規ステーション設置や社員証がIDになるなど、法人に便利なサービスを展開しています。

不動産仲介業 口コミ

渋谷に会社があるためか、近くに4ステーションもあったので即決で利用しました。以前は3台の社有車がありましたが、今は1台の社有車とオリックスカーシェアのみです。お客様を乗せるため、汚かったりタバコ臭くないかを気にしていましたが、全く気にならないレベルだったので安心して利用しています。

オリックスカーシェアは利用すべき?50人の評判と実体験を紹介!

2-3.カレコの法人プラン

カレコ 法人

カレコは業界第3位ではあるものの、首都圏の借りやすさ(ステーション数/会員数)を見ると、決して使い勝手が悪いというわけではないです。強みは10分130円~という料金の安さ、Suicaなどの乗車カードやスマートフォンでの開閉ができるという手軽さです。

たくさん使う法人向けには、プレミアムプランという月会費39,800円のプランもあります。同額分を利用料金として消化出来る上に、未消化の割引は翌月まで繰り越して使うことが可能です。

利用料金も10分120円まで値下がるので、非常にお得です。

食品メーカー 口コミ

展示会やサンプリングの際の荷物運搬でカーシェアを利用しています。全く車を使わない月もあったので、年間のコストが100万円単位で削減されました。

カレコは利用すべき?50人のリアルな評判と実体験を紹介!

3.カーリースとの違いは?法人カーシェアをおすすめする理由

個人・法人に関わらず、カーリースの利用はおすすめしていません。

新車・中古車を購入して下取りに出した方がトータルで考えると金額的に得することが多いからです。また、駐車場代などが節約できるわけでもなく、汚れや走行距離なども気にしなくてはいけないなどの制約もあります。

税法上で費用計上して節税できることがメリットとして宣伝されていますが、固定資産の減価償却費分と比較してもトータルで見れば変わりません。

オリックスカーシェアの事例で月50万円程度の削減事例などがあるレベルでのカーリースでの削減事例はほとんど無いのではないでしょうか。

オリックスカーシェア 法人事例

オリックスカーシェア事例

4.法人向けカーシェアのメリット・デメリット

法人向けカーシェアを契約することに伴うデメリットは、月々固定料金がかかるわけでもないので、考えられる限りで無いと断言してもいいと思います。

社有車を持つことと、持たずにカーシェアだけ利用することを比較した場合におけるメリット・デメリットを解説します。

4-1.法人向けカーシェアのメリット

法人カーシェア メリット

法人向けカーシェアのメリットは、固定費を削減できる可能性が非常に高いことに尽きます。

カーシェアを利用するようになると、公共交通機関を利用したり、ムダに客先に足を運ぶことが減るため、移動コストに対する意識も芽生えます。

4-2.法人向けカーシェアのデメリット

法人カーシェア デメリット

法人向けカーシェアのデメリットは、社有車と比較して借りたいときに借りられないリスクがあるという点です。

ただし、固定費がかかっていない分、タクシーの利用や公共交通機関などとの組み合わせで済ませることでクリアできることがほとんどです。

実際に、カーシェアを利用するまでは不安だったが、利用してみると意外と車を利用しなくなって驚いたという口コミも多いです。

5.法人向けカーシェアまとめ

法人向けカーシェアを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

都心を除く地方都市では、圧倒的なステーション数を誇るタイムズカープラスがベストです。

法人向けカーシェアはシミュレーションをしてみても、なかなか精緻な費用を予測することは難しいです。法人向けは個人向けと異なり、ほとんどの場合で月額料金がかかりません。

使った分だけ発生する仕組みなので、まずは登録して試してみることをおすすめします。

カーシェア各社は法人の囲い込みでサービス改善が圧倒的に早く進んでいるので、是非お得なうちに利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*